読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- そらざかな -

釣れなくても楽しむ心を忘れない

野池なんてものは存在しない・・・

毎回霞ケ浦に行くのは、結構厳しい……

野池が近くにあれば!

という事で、GoogleMapを駆使して野池を探そうと思って目ぼしい箇所を発見。

実際に行ってみると、

 

f:id:sora-zacana:20161123205653j:plain

 

だめやん……

それに野池ではあるけど、近くに大きなダムとか湖はない場所なので、ぶっちゃけ肝心のバスがいない気しかしない……

 

f:id:sora-zacana:20161123205900j:plain

 

バスがいて釣りができる場所だったら、すごい人気ありそうな感じするだけに、残念。

他に、野池で釣りできそうな場所を探そう……

issei の商品が全然売ってない……けど見つかった!

自分が愛用しているのは、ほぼほぼOSP商品。

川村光太郎さんや、折金一樹さん

(「つきぬけろ!オリキン〜第1回 真冬の霞ヶ浦水系オカッパリ編〜 - YouTube

」とか凄い面白い!)

とか、好きなアングラーなので、その二人がいるOSP(川村光太郎さんは自分のブランドを立ち上げるから辞めちゃいましたけど)が結構好きです。

(といっても、ゲーリーヤマモトとかdepsとかDSTYLEとかも使ってます)

 

そしてもう一人、好きなアングラーがいて、それが村上晴彦さん。

その村上晴彦さんプロデュースの商品が、isseiから発売されているわけですが……これが地元やちょっと足をのばしたぐらいにある釣具屋で、全然売ってません orz

 

でしたが、本厚木にあるキャスティングがルアー館(ルアー系を扱う専門店)というの、恥ずかしながら最近知り、行ってきました。

 

f:id:sora-zacana:20161105230357j:plain

 

あった!

ということで、一番気になっていた「キャラメルシャッド」と「AKチャンク」を購入しました。

 

こんど、霞ケ浦にでも行って使ってみよう♪

 

多摩川 スモールマウスバス探し その二

バズベイト → ホッパー に変更して引き続きトップウォーターを攻める。

バズベイトの時は川に対して直角、つまり横切る形で引いていたけど今後は上流に向けて、流れに乗る形で引いてみる。

流れに乗りつつも、水を噛むように竿を振りながら引く…うん、反応はない……

今度は下流に向けて、投げる……同じく反応なし…

 

結論としては、稲田堤の橋脚周りにはバスはいない。

 

という事で、場所を移す。

ホッパーからミノーに変更して、ひとまず下流に向かってキャストしながら歩くことに。

 

f:id:sora-zacana:20161001210927j:plain

元居たところから、だいたい70~80メートルぐらい歩く。 

 

足元に、もしかしたらいるかもしれないので、護岸沿いを攻める → 川中に投げる を繰り返しつつ、進む。

足元はボトム丸見え&クリアウォーターだけど、ストラクチャー(ブロック)がずらっと埋まっているので、隠れる場所はあるにはある。

 

f:id:sora-zacana:20161001211329j:plain

 

あと実際に見ないと分かり辛いだろうけど、実は岸際の部分が川に対してせり出している。

なので、そこで隠れているバスがいるかもしれない。

 

その三に続く。

指南書?

釣れない事のほうが多い釣行。

いろいろwebサイトを見回ったり、本を買ってみたり、いろんな方法を試して釣果を上げようと努力しています。

 

という事で、↓

f:id:sora-zacana:20160925184723j:plain

 

良い時代になったものです。

ひと昔前(いやふた昔ぐらい前かな…)は、こんなDVDなんてあっても買えなかった。というか売っているところがなかった。あって本ぐらい。

 

内容的には、割とwebサイトで情報を集めれば事足りる情報が多かったものの、やはりそこはプロの仕事。説明がうまい!

 

素人さんの説明文よりも、情報が頭の中にインプットされるスピードが違います。分かりやすい。あと映像で補完されるのも大きい。

 

そんなDVDの中で勉強になったものを(内容を記載するわけにもいかないので)、一個だけ。

 

自分もよくやってしまうのですが、一か所に留まってひたすらキャストする事。

オカッパリで、確信があれば留まってやっても良いかもしれませんが、基本はラン&ガン。

やはり、数回投げて反応がなければ別の場所に移動する。

分かっているつもりなのに、留まってしまう癖が抜けないのは何なのでしょうかね…まぁそれは置いておいて、やはり反応がなければ次々と場所移動してバスのいる場所を探すのがオカッパリの正しいスタイルなんじゃないでしょうか?

 

ともあれ、これを参考にして釣果アップに繋げたい!

山中湖でボウズ……

結論から言うと、ものの見事にボウズでした。

 

ブラックバスの放流も行われている山中湖。

富士五湖の一つで、河口湖と並んでバスフィッシングできる有名な湖ですね。

 

f:id:sora-zacana:20160916181256j:plain

 

ここは、中央道の談合坂SAから撮った1枚。

非常に曇っていたものの、雲の切れ目から除く山が良い感じだったので、1枚パシャリ。

 

そしてやってきました! 山中湖。

 

f:id:sora-zacana:20160916182854j:plain

 

山中湖は岸のほとんどが、整地された護岸になっているか、砂というか溶岩石の砂利の浜辺ばかりです。

 

釣り場所としては、ほとんどが砂利の浜辺から行う事になります。おかっぱりなら。

※貸ボート屋さんがたくさんあるので、船酔い大丈夫な人はボートからやったほうが断然いいと思います。

 

護岸は観光用に整地されている為、実は釣りできる場所はほぼなし。柵があったり、立ち入り禁止だったりします。

そして水辺に張り出しているような草木のシェードもほぼありません。

良い感じにシェードになりそうなところは……水がないという……

まぁ、ほとんどが砂利の浜辺になっていますので、まともに木々は生えないのです。

 

ただし、ボード用の桟橋が多数存在しているのでシェードが皆無なわけではありません。

※桟橋は基本全部立ち入り禁止です。釣り用のものではなく、ボート屋さんの物なので、勝手に入って釣りをすると怒られます……(かなり昔ですが、自分がやって怒られました……)

 

そしてウィード(いわゆる水草等が密集している場所。水の中の森とでも考えればイメージつくだろうか?)は、多数存在している。

 

ウィードのある場所をうまい事探して、そこを狙っていけば釣れるはず!

 

という事で、ウィードは後程探すとしてまずは桟橋付近のシェードをバズベイトで狙う。

 

f:id:sora-zacana:20160916184440j:plain

 

そしたら、一投目でチェイスが! (あれ? これイケんじゃね? 2~3匹釣っちゃうんじゃね? と期待)

 

とりあえず、チェイスがあったので少し場を探る感じで4投ぐらいするも、チェイスこそあるが食いつかない…

 

見切られている……はてさて、どうしたものか。と次に使ったのが

 

f:id:sora-zacana:20160916184900j:plain

 

ドライブシャット4.5インチ(ネオンワカサギ)

山中湖はワカサギいるし、単純にドライブシャッドを使ってみたかったっていう理由から、こちらに変更(自重のあるワームなので、ノーシンカーでいけます)

 

リフト&フォールを繰り返したり、中層をただ巻きしてみたり、バジングさせたり、するもバズベイトより反応がない(チェイスがない……)

 

あ、これだめだわ。と早々に別ルアーに変更。

 

f:id:sora-zacana:20160916190034j:plain

 

その後、スピナーベイトにしたり、

 

f:id:sora-zacana:20160916190210j:plain

 

ミノーにしたり、手を変え品を変え……数回チェイスがあるものの、やっぱり食いつかない。

 

桟橋は見切って、場所変更。

しばらく歩てみると、

 

f:id:sora-zacana:20160916190442j:plain

 

お! いい感じのブッシュでは?

という事で、これまた単純に使ってみたかったという理由から、

 

f:id:sora-zacana:20160916190617j:plain

 

生蝉(って商品名の虫系ルアーです)

写真がぼやけちゃいました……

 

とりあえず、物陰に潜んで姿を隠してぽちゃんする。が、シーンと静まり返るばかり。

生蝉見切って、オリカネ虫に変更するも、やっぱり反応がない。 

反応がないので近づいてみると、目で見える範囲に魚影は皆無……再度場所移動。

 

結局、あちこちの桟橋回りをマイラーミノーだったり、ドライブクローだったりで狙ってみるけど反応なし。

 

そんなこんなしてる内にお昼になり、そして雨が降り出す。

雨具持ってくるの忘れたので、最後にネコリグやってみようとドライブクローラーでやっぱり桟橋回りを攻める。

 

と! ググッ と引かれた!(断じて根掛かりではない!) 食ったぞ、これ! やった!

 

……でも、やっぱりうまくいかないのです。

フッキングして、間違いなく食ってました。

が、ラインブレイクしちゃいました……ここで心が折れました……正直ラインブレイクは魚にダメージを与えて残すし、釣り場にゴミを残すし、です。

 

あ、もう今日ダメだわ……

 

という事で、あきらめて帰路に尽きました。

 

ちなみにウィードは……探すの忘れました。

もっともやってる途中でそれっぽい場所に見当はついたので、次回はウィード中心に狙ってみます。

多摩川 スモールマウスバス探し その一

多摩川といえば? スモールマウスバス。

昔(といっても、いつ頃の話なのかよく把握していないが)は、ブラックバスも良くいたらしいのだが、多摩川という環境になじめなかったのか、ほぼ居なくなってしまった……
かわりに生息しているのが、スモールマウスバス。
という事で、多摩川のスモールマウスバスを探しにおかっぱり釣り歩きの記録です。

……と、たいそうな事言ってみたものの、ぶっちゃけ釣果はまったくのゼロ。
まだ数回、数えるなら六回程度しか行ってません。
そして、もともとそんなに上手く釣れるタイプでもない(ブラックバスだって、一回の釣行でボウズで帰る事のほうが圧倒的に多い……)
でも、釣りたい。下手だからこそ釣れた時の喜びは、いっそう大きいのです。

行った時期は八月中旬。
行った場所はネットで軽く検索した限り、実績のあるポイントでいうと稲田堤が一番よく釣れるらしい。
京王線京王多摩川駅京王稲田堤駅を繋ぐ、多摩川を渡る鉄道橋のところ。

 

f:id:sora-zacana:20161001210714j:plain

(昼に撮ったものなので、明るいけど)

朝四時に起きて行ってみて、あれ人いないぞ! ラッキーと思い、まず投げたのがバズベイト。

 

f:id:sora-zacana:20160915185023j:plain

 

OSPのスパークホワイトチャート です。
(釣り番組でも川村光太郎さんが、よく最初に投げてる? バズベイト系です)

橋脚を狙って、投げる。
投げて巻いて、ちゃっちゃと魚を探せるので俺も好きなルアーの一つ(基本巻くだけって楽でいいよね!)
それを、投げる、投げる、投げる……事、十回ぐらい。
当たりもなにも、そもそもスモールに限らず魚いるんか? ぐらいに何も反応がない。

結局、ちょっとずつポイントを変えて計二十回ぐらい投げて探してみるが、一向に反応がない。
これはダメだな……次のルアーを漁る……


その二に続く。